桐壺基板の動作確認

By | 2016年8月7日

スイッチサイエンスに注文していた桐壺基板が先週届きました。金子システムのUMB-ADAU1361-Aも追加で注文した分が届きましたので組み立てました。

桐壺はUMB-ADAU1361-AをNucleo F746にマウントするだけの単純な変換基板ですので、特に問題も無く組みあがりました。雲仙フレームワークのサンプル・アプリケーションもあっさり動作しました。これでジャンパ線が外れるといったことを心配せずに、ソフトウェアに専念できます。

IMGP2211

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください