基板発注取り消し

By | 2016年7月2日

スイッチサイエンスに発注した基板のガーバーデータにエラーがあったと言うことで発注が取り消しになりました。

内容に対する問い合わせには応じないというのはわかりますが、エラーの情報が一切無いため、どうしたらいいのやら困っています。DRCは通していますが、エラーは出ていません。DRCのルールもざっと再チェックした感じでは提示されているものに対して破綻は無いようです。機械のエラーメッセージを送ってくれればまだ対処のしようがあるのですが。って、これNiftyの昔によく交わした会話です。

心当たりがないかと言われれば、無数にあるのです。なにしろ提示されている条件がアバウトすぎて、KiCadの出力指定の何がヒットしているのか分かりません。すくなくとも、ガーバーのエラーが出るところまで進んでいますから、ファイル名云々といった話ではないでしょう。ネットには「KiCadには出力はこうする」という話が無数にありますが、経験談だったり、聞き伝えだったり、このあたりは技術というより魔術に思えます。

これまで何度も仕事で受取った「動きません(全文)」というレポートを思い起こしながら、再注文のためのガーバー作成を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください