急ブレーキ

By | 2016年6月23日

朝の空いた時間で基板の発注をかけたかったのですが、直前チェックでKiCadの出力ファイル名がスイッチサイエンスの受け付け形式と合わないことに気づきました。

また空き時間を見つけて作業です。

それにしても座標系をはじめ、落とし穴が多いです。業界が旗振って人間を介さない機械間フォーマットにしてしまえばいいと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください