帯に短し

By | 2012年1月7日

私は工作会に基板を持っていく真に小粋な方法を思いついたが、それをするには余白が狭すぎる。

お酒の箱に入りきらないAmakusa基板

余白が足りない

工作会に基板を持っていく方法には、頭を悩ませます。性格的にはそんなのどうでもいいやと言うタイプなので薄い段ボール箱に入れる事が多いのですが、一方で家に余っていて心情的に捨てがたいお酒の箱など利用したくもあります。試しに入れてみたのが上の写真。

残念ながらわずかに入りませんでした。次に基板の設計をするときには、お酒の箱に入るかどうかを重要なフォームファクターとして設計します。

2 thoughts on “帯に短し

  1. no name

    ブログを移転されたんですね。
    以前のブログで書かれていたFIRの説明が分かりやすかったので、もう一度読みたいのですが再度アップされないでしょうか?

    Reply
  2. 酔漢 Post author

    こんにちは。
    評価していただいていることはありがたいのですが、再アップは予定していません。
    上のメニューにある「一筆啓上仕り候」からアーカイブをたどっていただくことはできます。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください