CubeMXが生成するUARTコンフィギュレーションで文字化けがおきる

By | 2018年10月28日

CubeMX が生成するSTM32F722用のコードが、UART TX信号で文字化けを起こします。

先週「紫」の開発中にデバッグメッセージを確認しようとしてNucleo F722で作業している時に気が付きました。以前にはなかった問題です。なお、Nucleo L152では問題は発生せず、正常に動作しています。添付はNucleo から送信したUART信号をPCで受信しているところです。

STのコミュニティに報告済みです。結果待ち。

2018/Oct/28 15:38追記:オシロで調べたところ、115200baudから程遠いボーレートでした。多分HALのバグです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください