理想の環境はTSSだった?

By | 2016年10月29日

最近VHDLによる開発を勉強する環境について考えています。

現在は、VMwareによるLinux環境をあちこちに仕込み、渡り歩いて使っています。例えば、自宅のデスクトップ、自宅のラップトップ、持ち歩き用のUSBメモリ等です。何処に行ってもgitで同期をとればいいのでその点は便利ですが、一方でやはり重いとも感じます。なにしろ、C++モデル編集→ベクター生成→VHDl編集→試験、と言う流れはテキスト処理で完結しています。極端なことを言うと、このサイクルではGUIは不要です。

と、言うことはです、TSSでもいいんですよね。AWSの継続インスタンスにLinuxを仕込んでおいて、必要に応じてsshでアクセスすればいいのです。なんてことでしょう。いまさらTSSを再認識する日が来るとは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください