工夫

By | 2016年11月5日

VHDLの個人用パッケージとそのテスト・スイートを作りました。

テストしていると「こうするともっと汎用的になる」「こうするともっと便利になる」とアイデアが浮かんできます。ただ、それが本当に必要な工夫なのかは別の話なんですよね。一生工夫してろ!って自分に言いたくなるくらい、工夫ばかりで先に進まないことがあります。

VHDLのコンパイルにmakeを使う方法を思いつきましたが、これは導入をあきらめました。綺麗ではあるけれど、工数が多すぎ、みのりがないように思えます。

一方で、テスト・スイートのC++モデルの再利用については、手を動かして実装するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください