VHDLでの計算

By | 2016年9月17日

試しにCORDICの実装を試みています。

CORDICはサブモジュールの繰り返しからなるため、サブモジュールを手始めに実装しています。これが難しい。ネットで調べてみると、stl_logic_arithではなく、numeric_stdを使おうという意見を見ます。一方、VHDL2002の標準はインデックスも構成も雑で、パッケージ毎のきっちりした定義を参照できるようにはなっていません。

これで世の中のSoCが記述されているのかと考えると肝が冷えます。

ともかく、固定小数点パッケージもちゃんと用意されていますので、必要とあればこれらを使ってもいいでしょう。CORDICに固定小数点は必要ありませんが、丸めと飽和を勝手にやってくれるのは便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください