Alt mode

By | 2016年9月5日

​USB Type-C のホストはalt modeを複数持つことができますが、機器の側はalt modeを複数持つことができるのでしょうか?

​ 現在、alt modeとしてはDisplay Port、MHL、HDMIが規格化されています。それぞれ、変換ケーブル内蔵のチップとホストがネゴシエーションを行ってalt modeの有無を調べるとのこと。

​常識的にはホスト側が持っているモードの一覧を提供し、デバイス側が内蔵機能の一覧と照らし合わせ、そのうちひとつを選ぶことになるはずです。デバイス側が決め打ちでひとつ宣言する仕様だと、ホストがそのモードを持っていないときにユーザーが混乱しそうです。

​表示装置をUSB接続するときに悩みそう。杞憂だとは思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください