mbed OSのターゲット

By | 2016年5月13日

またぼんやりとmbed OSのことを考えています。
愚考するに、mbed OSの狙いはそれこそ極小のスマートセンシングユニットや、短レスポンスの信号処理のようです。後者ははモーターですね。mbed OSのイベントにどのくらい優先度を設けることができるのか調べていませんが、通信機能付きのモーター、サーポ制御は昔から需要があります。
ARMとしてはCORTEX-MxをプリエンプティブマルチタスクOSに使うような用途は爆発的な伸びを期待していないのではないでしょうか。
LPC4337は多くの機能を集積するSoCです。こういったICは、ARMからすると異端なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください