WPtapによるモバイルデバイス対応

By 酔漢 - Last updated: 月曜日, 4月 30, 2012 - Save & Share - Leave a Comment

GW前半は色々と敗北感にまみれた3日間でした。やるべき事をかなりこなした一方で、Ubuntuがらみは進展が良くないです。あれとかあれとか…。

Blackfinもほとんど触れなかった。

さて、懸案の一つだったバックアップサーバーの仮想化をやりました。以前書いたように、このサイトはUbuntu上のXAMPPにクローンを作っており、各種実験の前にこて試しを行う事にしています。ところが、先日Ubuntuが原因不明の起動不良を起こし、完全入れ替えになったのです。結果的に、クローンを失ってしまいました。

そこでこれを期に、仮想マシン上にクローンを再構築しました。ちょっと手間取りましたが、無事終了。ついでに行ったのが、モバイルデバイス対応です。

このサイトは、AndyBlueというテーマを使っていますが、スマートフォンなどから見ると、PC用の画面がそのまま小さく表示されます。それでは困るので、モバイルデバイスを検出してテーマを自動変更してくれるプラグインを導入しました。使ったのはWPtapで、「多数デバイスに対応させる事も可能なモバイル自動対応WordPressプラグイン・WPtap」を参考にしました。

正直設定は難解というか、説明不足感にあふれているプラグインですが、動いてしまえば効果は抜群。

スマートフォンから見やすいDSP空挺団をお楽しみください。

Posted in WordPress • • Top Of Page

Write a comment