CubeIDEをUbuntuにインストールする際の注意事項

By | 2020年12月30日

CubeIDEをUbuntuにインストールする際、マニュアルに従ってはいけません。

STのインストールガイド(UM2563)によれば、Ubuntuへのインストールはdebian用のパッケージを使うことになっています。Ubuntuがdebianから派生したことを考えれば、これは妥当に思えます。

ところが、この通りにインストールすると、アップデートで躓きます。debianのパッケージからインストールした場合、CubeIDEは書き込みにroot権限が必要な領域へインストールされます。これは安全な方法に見えます。ところが、CubeIDEはマイナーアップデートを実行中に行おうとします。したがって、通常利用時のユーザー権限での実行時にはアップデートができません。

そこで、root権限で起動したいのですが、gksuコマンドは廃止されておりGUIプログラムをroot権限で起動する簡単な方法はありません。コミュニティはアプリケーション開発者に、「必要な時だけダイアログを出してroot権限を取得するように」と薦めているようですが、CubeIDEはそうなっていません。

じゃぁ、debianパッケージをユーザー権限でインストールすれば良さそうですが、ドライバのインストールで失敗します。

結局、これを解決したければ、「汎用のLinux用パッケージ」をインストールするしかありません。汎用インストーラーであれば、アプリケーションをユーザー権限でインストールし、ドライバのみroot権限でインストールできます。アプリケーション内更新も問題なく完了します。

この方法が一番です。

Generic Linux Installerをダウンロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください