Ubuntu上のCubeIDEからボードに接続できない問題

By | 2021年4月25日

表記の問題が発生しました。結論から言えば、これは「Ubuntuに対して、一般Linux用CubeIDEインストーラーを使った」ための問題でした。

問題が発生したのは今日です。環境は以下の通り。

  • Ubuntu 20.04 LTS
  • CubeIDE 1.6.1

もともとこの環境へはCubeIDE 1.6.0をインストールしていました。そこからIDEのアップデート機能を使って1.6.1へアップデートしています。アップデート後にターゲット・ハードウェアにJTAG接続したことはありません。

今日、ターゲットに接続しようとして以下のメッセージが表示されました。

https://pbs.twimg.com/media/EzzPHwMVgAIopxT?format=png&name=small
ST-Linkの接続エラー

初めて見るエラーです。ここから泥沼のようなカット&トライが続いたわけですが、それについては省略します。

結論は以下の通りです

  • CubeIDE 1.6.1をUbuntu 20.04にインストールする場合、debパッケージ版を使用しなければならない。一般Linux版を使うとST-LINKのドライバをインストールできない。

できない理由は不明です。以前の版は可能でした。また、一般Linux版を使っていたのはCubeIDEのアップデート機能の不具合を回避するためです。詳細は以下のリンク先にある通りです。

嘆いても仕方ありません。今後はUbuntuにCubeIDEをインストールする際は、deb版を使うことにします。なお、上記リンク先で説明したアップデート機能の不具合が修正されているかどうかは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください