MAX10のDSP乗算器

By | 2016年9月13日

MAX10にはDSPブロックと称して18×18のハードウェア乗算器が搭載されています。

調べてみたところ、この乗算器は2分割して二つの9×9ハードウェア乗算器としても使えます。BeMicro MAX10に搭載されているMAX 10M08はこのDSPブロックを24個持っています。9×9として使うなら48個です。

複素乗算1回あたり、乗算器は4つ必要になります。複素DDSで三角関数の公式から値を計算する場合、8つ必要になります。なかなか厳しい話ですが、9×9乗算器なら48個中8個なので、まぁまぁかなとも感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください