ステレオ・チャンネルの分解と合成

By | 2020年6月30日

MATLAB/Simulinkでオーディオ信号を処理する際、ステレオ信号をチャンネルごとのモノラルに分解したり、モノラル信号を合成してステレオにしたいことがあります。

そういう場合はSelectorブロックVector Concatenateブロックを使用します。

SelectorとVector Concatenate

Selectorはその名の通り、複数チャンネルの中から任意のチャンネルを選びます。Vector Concatenateは2つのモノラル信号を連結してステレオにします。

どうして分解側Selectorと名詞なのには合成側はVector Concatenateと動詞なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください