うむ

By 酔漢 - Last updated: 日曜日, 2月 5, 2012 - Save & Share - Leave a Comment

なんとか時間を見つけて調べてみました。

と言うことで、現在言えることは、gdbproxyか、gdbのいずれかがADSP-BF592に命令を書き込めていない、あるいは書き込んだ命令を正しく読めていないらしいということです。

データの読み書きができることから、ACB-BF592に単純なハードウェア異常ある可能性は低いと考えられます。

ちなみにACB-BF592はUARTスレーブ・ブートモードに置いています。このモードはホストからUART越しにブートストリームが与えられるまで、ROMの中で待機しています。つまり、勝手に暴走してあらぬモードに落ち込む危険性がありません。

また、ADSP-BF592の命令メモリには、どうやら別のプログラムのイメージらしき物が見えています。start番地である0xffa00000番地には、何かのプログラムが途中から現れています。

todo:VisualDSP++のデバッガが初期化時に特殊なことをしていないか調べる。

Posted in 未分類 • • Top Of Page

Write a comment