ADSP-BF592をbfin-gdbproxyで覗く

By 酔漢 - Last updated: 土曜日, 1月 28, 2012 - Save & Share - Leave a Comment

先日いただいたACB-BF592ですが、実は以前この基板の試作品ももらっていたのでした。非常に申し訳ないことにいじる時間がないまま製品版の登場となってしまったわけですが、とにかく触って見ようと言うことで、この試作品にICEを接続してみました。

その結果、ちょっとしたトラブルがありましたので、その内容と解決方法を紹介しておきます。

試験した環境は以下の通りです。

試験用のブレッドボード

 

システムの出力は以下のようになります

takemasa@edison:~$ sudo /opt/uClinux/bfin-elf/bin/bfin-gdbproxy -q bfin –connect=”cable probe”
Found USB cable: OOCDLink-s
Connected to libftdi driver.
IR length: 5
Chain length: 1
Device Id: 00100010100000000010000011001011 (0x228020CB)
Manufacturer: Analog Devices, Inc. (0x0CB)
Part(0):      BF592 (0x2802)
Unknown stepping! (0010) (/opt/uClinux/bfin-elf/bin/../share/urjtag/analog/bf592/STEPPINGS)
error:     bfin: no Blackfin processor is found
Found USB cable: OOCDLink-s
Couldn’t connect to suitable USB device.
error:     bfin: cable initialization failed
Found USB cable: OOCDLink-s
Couldn’t connect to suitable USB device.
error:     bfin: cable initialization failed

こんな感じでエラーがずっと出力されます。

対策

この問題は既に他の方も報告しているとおり、ツールチェインの設定ファイルにADSP-BF592のstepping番号2が登録されていないことが原因です。したがって、エラーメッセージにパスが表示されているステッピングファイル /opt/uClinux/bfin-elf/share/urjtag/analog/bf592/STEPPINGSに、以下の一行を追加することで問題は消えます。

0010     bf592     2

その結果、bfin-gdbproxyの実行結果は以下のようになります。

takemasa@edison:~$ sudo /opt/uClinux/bfin-elf/bin/bfin-gdbproxy -q bfin –connect=”cable probe”
Found USB cable: OOCDLink-s
Connected to libftdi driver.
IR length: 5
Chain length: 1
Device Id: 00100010100000000010000011001011 (0x228020CB)
Manufacturer: Analog Devices, Inc. (0x0CB)
Part(0):      BF592 (0x2802)
Stepping:     2
Filename:     /opt/uClinux/bfin-elf/bin/../share/urjtag/analog/bf592/bf592
/usr/src/packages/BUILD/blackfin-toolchain-2010R1/urjtag/src/bfin/bfin-part-bfin.c:154 bfin_wait_ready() Warning: untested cable or frequency, set wait_clocks to 21
warning:   bfin: no board selected, BF592 is detected
notice:    bfin: jc: waiting on TCP port 2001
notice:    bfin: jc:  (you must connect GDB before using jtag console)
notice:    bfin-gdbproxy: waiting on TCP port 2000

これで無事解決です。

Posted in ACB-BF592 • • Top Of Page

Write a comment