巻き直し

By | 2015年1月12日

TRX-305上でBlackfinのオブジェクトが起動しない問題が続いています。とうとう、別基板で調査することになりました。

冬休みの間、ELFLOADERやbfin-elf-ldrが生成するLDRファイルを精査したり、LDRフォーマットのドキュメントを精読したりしました。が、両者の間に差はあるものの、ドキュメントに記述されている範囲内で問題だと思えないこと、それ以前に、明らかにドキュメントに記されていない形でLDRフォーマットが使われていることから、フォーマット面について理責めしていくのは、ほぼ絶望的になりました。

一方でTRX-305は基板が高密度で、プローブをBF533の足に押しつけながら測定などとうてい出来そうに無いため、ここに来てあきらめてさらに違う基板で動作を検証することにしました。

以前金子システムさんより頂いたKobanzameという基板があり、これに搭載されているのがADSP-BF533 rev 0.4です。この終末の間にテストプログラムを調整して先ほどLEDの点滅を確認しました。あとはmbedと接続してホストプログラムをmbed上で書けばブートの実験が出来ます。

この実験装置でブートしてTRX-305でブートしなければ、TRX-305の作者にレポートを送ることが出来ますし、この実験装置でブートしなければツールチェーンのメンテナーに助けを求めることが出来ます。後者の場合、いつ解決するか先の見えない話になりますが。

また時間見て半田付けを進めることになります。もう一度テストプログラムのブート試験をTRX-305でしておいた方がいいかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください