Rigol DS1052E オシロスコープ

By | 2012年6月11日

Twitterで教えていただいたのですが、Rigol社のDS1052EにはBlackfinプロセッサが搭載されています。Analog Devices社のプレス・リリースによればDS1000シリーズにADSP-BF531が搭採用されたとのことですので、DS1052Eにも同じプロセッサが搭載されているのでしょう。

このオシロスコープ、50MHz 2現象で330ユーロ(2012年6月のレートで33000円!)というあきれた値段ですが、もっとあきれるのは、メーカーの公式ページでサードパーティの改造ビデオが紹介されていることです。何考えているんだあんたたち。

そしてもっとすごいのは、というか、こちらを教えてもらったのですが、ユーザーによるリバース・エンジニアリング・サイトが建てられており、そこにBlackfinのツールチェーンが用意されていることです。

もうめちゃくちゃです。え?買わないですよ。テクトロのオシロ持っていますから。モノクロですけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください