CubeIDEが余計なI2C HALコードを生成する

By | 2020年3月15日

上記の問題を発見しました。

STM32H7, L1, F0において、CubeIDEのDevice Configuration ToolでI2Cを設定していないにもかかわらず、I2CのHALコードがプロジェクト中に生成されます。これは昨年12月にはなかった問題ですのでCubeIDE 1.3.0で紛れ込んだバグだと思われます。

一見無害に思えますが、HAL_I2C_MODULE_ENABLEDマクロで条件コンパイルをしているアプリは直撃をくらいます。

再現方法、問題の発生範囲、デモプログラムなどに関してはgithub レポジトリのD009を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください