『紫』クラスライブラリを公開

By | 2019年2月23日

STM32マイコン用クラスライブラリ、『紫』をGitHubで公開しました。MITライセンスです。

紫はSTM32Cube HALの上にかぶせるラッパー・クラス集で、以下の機能をクラス経由で扱うことができます。

  • UART
  • SPI Master/Slave ( Slaveは2019/Feb時点で未テスト)
  • I2C Master/Slave
  • Task
  • Synchronizer ( Wait&Signal )
  • Critical Section

これらは RTOS上で動作し、入出力関数は排他かつブロック的に実行されます。また、タスクコンテキスト、割り込みコンテキストの両方で動作するprintf()機能を持っています。この関数は出力をバッファするため、リアルタイム処理への影響を最小にとどめたままメッセージによるデバッグが可能です。

ユーザーズ・ガイド、ポーティング・ガイド、APIリファレンスを含むドキュメントをHTML/PDFの双方で提供しています。

確認済み開発環境は

  • Ubuntu
  • SW4STM32
  • CubeMX

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください