Archive for '日記' Category

Arduinoのシールドが足りない

By 酔漢 - Last updated: 木曜日, 10月 18, 2018

暇を見ては紫ライブラリを書いているわけですが、どうもArduinoのシールドがなくて困ることが増えました。 プログラムを書けばテストが必要です。ところが書いているのがHALのラッパーとあって、テストにはデバイスが必須です […]

開発ステータス

By 酔漢 - Last updated: 火曜日, 10月 2, 2018

恒例の夏枯れも終わり、ようやく涼しい中で大画面に向き合うことのできる時期になりました。秋の夜のプログラミングはいいですね。 SDRのプラットホームとしてSTM32マイコン上に構築している紫ライブラリの開発は、低調ながら夏 […]

STM32 HALのHAL_I2C_Mem_Read

By 酔漢 - Last updated: 月曜日, 9月 24, 2018

STM32シリーズマイコンのHALには、I2Cペリフェラル用APIとしてHAL_I2C_Mem_*()というものがあります。例えば以下のようなものです。 HAL_I2C_Mem_Write() HAL_I2C_Mem_R […]

スマートスピーカー

By 酔漢 - Last updated: 土曜日, 9月 8, 2018

ちょっと思うところあってAIスピーカーの本を読んでいます。 Raspberry Piを使ってGoogle Homeを作ることができることは知っていたのですが、実はAmazon EchoもIBM WatsonもRasber […]

回路図レビュー

By 酔漢 - Last updated: 金曜日, 9月 7, 2018

設計したあとしばらく放置していた回路図を引っ張りだしてレビューしました。 一点修正。放置すると頭が冷えるからいいですね。一つ一つたどっていって、より良い方法に気がつきます。珍しく純粋なアナログ回路を作っています。

Google ColaboratoryによるVGG16の転移学習とファイン・チューニング

By 酔漢 - Last updated: 日曜日, 7月 15, 2018

Googleのクラウド・コンピューティング・サービス、Google Colaboratoryで動作する画像認識ソフトを作りましたので公開します。このソフトは「転移学習」「ファインチューニング」と呼ばれる技術を使って学習時 […]

Doxygen文書の下部マージン

By 酔漢 - Last updated: 火曜日, 5月 22, 2018

Doxygen形式でコメントを入れておくと、プログラムのマニュアルを自動生成することができるのでとても便利です。 しかしながら、ページ下部に配置された説明は、他の文書から飛んできた時に正しい位置でレンダリングされないこと […]

コードのサイズ

By 酔漢 - Last updated: 土曜日, 5月 12, 2018

ふと思いたち、開発中のライブラリのサイズを調べてみました。概ね二万行を超えており、経験的に言って私が力技で対応できる最大値に達しています。

CubeMXでメモリ設定するときの困惑

By 酔漢 - Last updated: 火曜日, 5月 1, 2018

作成中のクラスライブラリですが、メモリ量が少ないNucleo F303K8に載せてみてえらく苦労することになりました。 結論から書くとメモリ管理がシビアになるため、決め打ちでサイズを決めると痛い目に遭いそうです。

Windows と PowerPointでプレゼンをはじめるときのコツ

By 酔漢 - Last updated: 木曜日, 4月 19, 2018

仕事柄いろいろな人のプレゼンを見ますが、技術者か、研究者か、はたまた営業であるかにかかわらず、プレゼンのはじめ方がずいぶん下手な人がいます。プレゼンの目的は何かの説明・説得にあるはずですが、プレゼンのはじめ方に手間取るよ […]